【TSLA】テスラ株投資プロジェクト始動!

テスラで太陽光発電!

バフェット氏が大好きな夫(ゆるまさ君)。
資産の90%をS&P500に連動するETFである「VOO」
に投資して、いわゆるインデックス投資家として
の道を歩みだしたようなのです。
しかし、資産の残りの10%については、
ワクワク感を楽しみたいという理由で、銘柄物色を継続中。
「テスラ」への投資に決めたようです。

【以下、バフェット大好き ゆるまさ談】
==================================================

テスラ(ティッカーシンボル:TSLA)について

テスラは、米国の電気自動車と太陽光発電の会社だ。
もともとは、テスラモーターズという電気自動車の会社だったが、
ソーラーシティという太陽光電池の会社を買収して、
テスラに社名を変更した。
実は、テスラモーターズもソーラーシティも、
イーロン・マスクという一人の天才起業家が関与している会社だ。
そして、イーロン・マスクは、映画「アイアンマン」の
トニー・スタークのモデルとなっている生ける伝説的な人物だ。

ーアメコミ連載開始ってもっと古いはずでは?…と思いましたが、
あくまで「実写映画版」でのモデルなんですね(妻 心の声)ー

テスラ(ティッカーシンボル:TSLA)に投資した理由

テスラ(ティッカーシンボル:TSLA)の経営者が素晴らしいから投資した

映画「アイアンマン」のトニー・スタークのモデルにまでなっている
テスラの経営者イーロン・マスクは、天才起業家だ。
アップルの創業者スティーブ・ジョブズに比肩する存在として、
米国、いや世界で超有名な人物なんだよ。
米国では一代で世界的企業を作り上げた人物が多い。
アマゾンを作ったジェフ・ベゾス、ウォルマートを作ったサム・ウォルトン、
Microsoftを作ったビル・ゲイツ、アップルを作ったスティーブ・ジョブズ、etc。
イーロン・マスクは、間違いなくこうした人物に肩を並べる存在になると思うんだよね。
そんなイーロン・マスクが作ったテスラは、10年後、20年後、30年後、
世界を変えた革新的企業として君臨しているだろう。

アメリカン・ドリームは現代でも健在ですね(妻 心の声)ー

ちなみに、2040年の世界の企業の時価総額ランキングトップ10に入る企業の
時価総額は、200兆円を超えていると言われている。
テスラの時価総額は6兆円程度であるから、仮にテスラが2040年に、
世界の企業の時価総額ランキングトップ10にランクインしていると仮定するなら、
株価は現在から30倍程度になる。
また、イーロン・マスクは、テスラはアップルの時価総額を越えることを
目標にしている旨の発言をしているし、テスラを時価総額100兆円を越える企業に
する旨の発言もしている。

テスラ(ティッカーシンボル:TSLA)の新マスタープランが実現した未来を想像した上で投資

テスラは10年前の2006年、初代マスタープランで次のようなことを述べた。

  • まず少量でも高価格帯の車を開発
  • その収益で手頃な価格の車を開発
  • その収益でさらに手頃な価格の車を開発
  • 並行して、ソーラーエネルギーを提供する

そして2017年現在、テスラはこれらの計画を全て実現している。
テスラの計画実現力には一定の評価を与えてもいいだろう。

そしてそのテスラが2016年、新マスタープランを発表した。
その内容は以下のようなものである。

  • 一人ひとりが自分で電気を生産できるようにし、それを世界規模で展開。
    注文、設置、サービス契約、スマートフォンアプリを全て一元管理。
  • トラックとバスの開発。地上輸送手段を網羅し、貨物輸送コストを削減。
  • 完全自動運転の実現。
  • 車を使っていない間、オーナーが車から収入を得られるようにする。

このテスラの新マスタープランに基づき、数十年後の未来を想像してみる。
電気自動車・トラック・バスが広く世の中に普及し、
それらは全て無人で稼働しており、
動力は全て太陽光発電により賄われている。
電気自動車・トラック・バスは資本家によって所有され、
人々は資本家に使用料を支払ってそれらを利用する。
トヨタ・GM・フォード・ベンツ・BMWなど、
あらゆる事業主体がさまざまな電気自動車を提供する中、
テスラは圧倒的なブランド力で、独自のエコシステムを構築している。

また、数ある自動車メーカーの中でも、
専用の充電スタンドやリチウムイオンバッテリーを用意しているのは、
テスラだけだ。
したがって、石油エネルギーを中心とした社会が、
太陽光エネルギーを中心とした社会へと切り替わる時、
テスラはエネルギー業界のドンになっているかもしれない。
そう、まるでエネルギー業界のドンであるエクソンモービルのように。

現在の自動車業界のドンであるトヨタの時価総額は20兆円程度、
エネルギー業界のドンであるエクソンモービルの時価総額が40兆円程度である。
自動車業界とエネルギー業界の両方で卓越した存在となったテスラの
時価総額はどうなるのだろうか。
今のこのタイミングでテスラに投資する価値も見えてくるのではないか。

テスラ(ティッカーシンボル:TSLA)株投資で得たお金でテスラの車を買う

テスラの自動車の自動運転化とライドシェアが実現した時、
テスラの株価は今の何倍にもなっていることだろう。
この状況でテスラの株を売り、その収益でテスラの車を買い、
買ったテスラの車を貸し出しに回すのだ。
タクシーの副業を行っているようなもので、
月々数万円から数十万円の収益を出せるようになるのではなかろうか。
テスラ株で儲けたお金でテスラ車を買う。我ながら面白い発想だ。

ーそれまでに法整備が進んでますかねぇ。。
事件や事故が起こった時の保険や免責とか、利用者のモラルとか考えると
経費や気苦労が増えて、片手間でやるには費用対効果がイマイチそうですが(妻 心の声)ー

話題は少し転換するかもしれないが、
現在、不動産賃貸業で財を成している人がいる。
将来は自動車賃貸業で財を成す人が多く出てくるんじゃないかという気がしている。
おそらく自動車賃貸管理業や自動車賃貸保険事業、自動車賃貸業向けローンなど、
新たなビジネスも誕生してくるんじゃないかな。
そして、それこそがテスラの狙いで、関連ビジネス領域が拡大すればするほど、
テスラ車の普及は進んでいくのではないだろうか。
テスラ車の普及が進めば進むほど、テスラの株価が上昇するのは言うまでもない。

==================================================
【以上、バフェット大好き ゆるまさ談】
高齢者の運転による事故が急増している昨今、
ただ高齢だから免許返納しろとも言えない住環境の方たちも多いわけで
自動運転のバスやタクシーが、そういう方たちのフォローをできるようになるといいですね。
宅配業者の方たちの荷物過多も話題ですし、
自動運転のトラックも普及すれば。
と、考えるとテスラの実行力に期待したい気持ちもわかります。
あとは、自動運転車が公道で走れるようなインフラ整備でしょうか。

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です