【THE FRANCEBED】快眠!約100万円高級ベッド購入レビュー【寝心地】

「THE FRANCEBED」

バフェット氏が大好きな夫(ゆるまさ君)。
快適な暮らしの実現のため、睡眠にはかなりこだわっています。
ベッドを新調するにあたり、相当なこだわりを見せました。
ショールームやフェアを何軒回ったことか。
そんな ゆるまさ君、
フランスベッド株式会社の最高級シリーズである
「THE FRANCEBED」をえらびました。
本人はとても満足らしく、寝転がる度に買って良かったと
使い心地を力説してます。というわけで、今回はその購入レビューです。

【以下、バフェット大好き ゆるまさ談】
==================================================

高級ベッド「THE FRANCEBED」購入価格

まずは高級ベッド「THE FRANCEBED」のお値段から。
我が家はセミシングルを2つ購入したから、
約50万円×2つで、約100万円が正規の購入価格だね。
もちろん、楽天市場やAmazonで最安値を探すともっと安いものも出てくるから、
それは各自で探してみてね。
安ければ、約35〜40万円×2台=約70〜80万円、で購入可能だ。

ー今までの人生でずっと布団派だった私には
異次元な価格でございました(妻 心の声)ー

高級ベッド「THE FRANCEBED」購入理由

なぜこんな高級ベッドを購入したのか。
それは、睡眠の質を大切にしたかったからだ。
【ストレス解消法】仕事で溜まったストレスを効果的に解消しよう【おすすめ】
を見てもらうと分かる通り、
ストレスとうまく付き合っていくためには、
良質な睡眠を取ることが必要不可欠だ。
とはいっても、
最初から100万円もするベッドを購入しようと思っていたわけではない。
はじめは10万から20万円くらいのベッドでいいやと考えていた。
でも家具屋さんで、
ものの試しにと最高級クラスのベッドを試用してみたのがきっかけで、
価値観がガラリと変わった。
普通のベッドとはまるで違う寝心地に心を奪われてしまったんだ。
ベッドを選ぶときには、値段の一番高いものから順々に試用してみることをおすすめするな。

ー色々試しても、さほど違いがわからなかった私は、
ゆるまさ君の「コレがいい!」に押し切られました。
お正月の格付け番組みたいに、
値札隠しても
違いがわかるのかしら、とは思いましたが(妻 心の声)ー

高級ベッド「THE FRANCEBED」外観と寝心地

THE FRANCEBEDの存在感

「THE FRANCEBED」のセミシングルマット2つを部屋に入れるとこんな感じ。
我が家の寝室はこのベッドでギッチギチ(笑)

THE FRANCEBEDは分厚い

「THE FRANCEBED」の内部構造

「THE FRANCEBED」の特徴は何と言ってもこの分厚さだよね。
はじめ見たときはなんじゃこれと思ったね。
だけど、この特徴的な内部構造が、独特の寝心地を生み出しているんだよね。

寝心地ははっきりいって最高。

「THE FRANCEBED」の弾力性(猫で検証)

表明はすごく柔らかいので体重を受け止めて沈み込むかと思いきや、
少し下がったところでしっかりと受け止めてくれる。
まさに天界の雲の上に寝転んでいる気分だ。
「THE FRANCEBED」は、そこいらのベッドとは一味もふた味も違う。
我が家の猫も大満足の高級ベッドだ。

「THE FRANCEBED」の裏側

ちなみに、「THE FRANCEBED」の裏側はというとこんな感じ。
側面や表面の高級感に比べると、やや地味ね(笑)

ーこんな分厚さなので、もちろん和式の布団のように
ベランダで天日干し。とはいきませんので、定期的に上下入れ替えてます。
なるほど、それでレイコップとかダイソン布団クリーナーとかが
必要になってくるのか(妻 心の声)ー

まとめ:
高級ベッド「THE FRANCEBED」は、おすすめ

ツラツラと述べてきたけど、
高級ベッド「THE FRANCEBED」は、
僕の人生の中で買ってよかったものランキングベスト10には間違いなく入る。
高いけど、15年以上使用することを考えれば、
コストパフォーマンス的には悪くない買い物だったと思う。
すごく寝心地がいいし。
良質な睡眠を取って、ゆとりある人生を謳歌するため、
高級ベッド「THE FRANCEBED」、まずはお店で試用してみてはどうかな。

==================================================
【以上、バフェット大好き ゆるまさ談】
ベッドのスプリングって、寝比べてみるとメーカーによって結構違うもので
(値段の違いのわからない私も、体の沈み具合・包み込み具合はわかります)
正直、沈み具合の好みは、ゆるまさ君と私でほぼ真逆でしたが、
ゆるまさ君ほどこだわりがないので、合わせました。
これ、家庭によっては揉めるポイントなのかも。

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です