S&P500連動ETFの「VOO」に全力投資!【追記更新アリ】

付録もインデックス

付箋もインデックス

バフェット氏が大好きな夫(ゆるまさ君)。
あぁでもない、こぅでもないと投資手法ばかり気にしています。
よく言えば「慎重」。悪く言えば「優柔不断」。
腰を落ち着けてドンと構えることが苦手な性格なようです。
ちょうど1年前くらいにも「VOO」に決めた!と言っていたんですよね…

【以下、バフェット大好き ゆるまさ談】
==================================================

S&P500連動ETF「VOO」とは

「VOO」は、S&P500に連動するETFのティッカーシンボルを表す。
年間経費0.05%でS&P500に属する全ての米国企業に丸ごと投資できる、
あのバフェットもオススメのETFだ。
ヒラリー・クリントン元大統領候補もこのETFに投資をしている。
安全かつ確実に資産を増やすにはうってつけの金融商品だ。
いわゆるインデックス投資というやつだね。
インデックス投資については、以下で語ったことがあるので参考にしてみてほしい。

なぜS&P500連動ETF「VOO」に投資したか

一言でいうなら、「投資に時間をかけられなくなってきた」からだ。
S&P500は過去200年の歴史を見ると、大体年率7〜9%の増加率で推移してきている。
これを上回る投資実績を残すためには、銘柄選定とリスク管理に多大な時間を費やす
必要が出てくる。しかも、多大な時間を費やした結果、S&P500を上回る投資実績を
残せる保障はどこにもない。
米国で配当再投資で莫大な資産を築いた人物として名高いロナルド・リード氏の投資実績が、
実はS&P500を下回っていたなどという話はもはや笑い話である。

ー先日の記事でも、その話でていましたね(妻 心の声)ー

仮に今1,000万円でS&P500連動ETFである「VOO」に投資すれば、少なくとも、

  • 10年後には、2,000万円
  • 20年後には、4,000万円
  • 30年後には、8,000万円
  • 40年後には、16,000万円
  • 50年後には、32,000万円

の資産を築くことが出来る。(年率7.2%の利回りを想定)
ちなみに、頑張って毎年50万円ずつ節約し、その資金でVOOを毎年50万円ずつ
追加購入をしていくと、

  • 10年後には、2,700万円
  • 20年後には、6,100万円
  • 30年後には、13,000万円
  • 40年後には、26,000万円
  • 50年後には、54,000万円

もの資産を築くことが出来る。(年率7.2%の利回りを想定)

ー毎年50万。かなり頑張らないといけないのですが(妻 心の声)ー

ゆっくりお金持ちになるのは簡単なことである。
最近僕は、若い間に金持ちになれなくとも、老後にキツキツの生活を送ることに
さえならなければそれでいいや、という考えにシフトしてきている。
投資に時間をかけられなくなった今、S&P500連動ETF「VOO」への投資は、
僕にとって極めて有効な投資戦略となったのである。
僕の尊敬する投資家バフェットも、大多数の投資家には、
S&P500に連動する投信やETFへの投資を薦めているし、
自分の奥さんにも自らの遺産をそのように運用するよう、
遺言を残している。
資本主義が崩壊しない限り、S&P500連動ETF「VOO」への投資リスクは
ほとんどなく、長期で見ればリターンもなかなかのものである。
かくして僕はS&P500連動ETF「VOO」に自分の資産を全力投入したのである。

ーゆるまさ君の投資熱弁を日々聞いているので、
バフェットさんの奥さんへの遺言の話も「耳にタコ」でございます(妻 心の声)ー

S&P500連動ETF「VOO」に投資して良かったこと・悪かったこと

S&P500に資産の大半を投入したわけだけど、
これをして良かったことは、投資にかける時間がとても少なくなったことだ。
空いた時間を有効活用することが出来る。
また、老後確実に億万長者になれるという安心感も、S&P500連動ETF「VOO」
に投資して良かったことだ。

逆にS&P500連動ETF「VOO」に投資して悪かったことは、
投資活動によって得られていたワクワク感がすっかりなくなってしまったことだ。
しかしながら、これに対しては、対抗手段がひとつ残されている。
僕は、資産の90%近くを「VOO」に投入したわけであるが、
残りの10%を一発逆転銘柄に投資することにより、
ワクワク感を取り戻すことにしたのである。
僕が選択したこの一発逆転銘柄についてはまた今度の機会に話すね。
(「【TSLA】テスラ株投資プロジェクト始動!」参照)

==================================================
【以上、バフェット大好き ゆるまさ談】
去年「VOO」を始めた時点で持ち続けていれば…と思わないでもないですが、
再び「VOO」投資で落ち着くようです。
全額ではなく、フラフラする余地を10%残したことで、
長続きしてくれるといいのですが。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

番外編:S&P500連動ETF「VOO」に全資産投入しました。(2017/6/5)

(「【TSLA】テスラ株投資プロジェクト始動!」参照)
で、テスラ株に投資してしばらくしてから、
特にテスラの未来に暗雲を感じたわけではないんだけど、
アマゾン(Amazon)株に興味を持ってしまった。
確かにテスラは、
うまくいけば資産を数十倍にすることが出来る銘柄なのかもしれない。
ただ、近年快進撃を続けるアマゾンは、
インターネットを利用した小売業という領域において、
既に圧倒的な競争優位性を確立しており、
より低リスクで資産を数倍に出来るんじゃないか、
こう思ったわけだ。
そして、僕はテスラ株の資産をアマゾン株に振り替えた。
アマゾン株に投資してからすぐ、僕はこう思った。
「いくらアマゾン株が将来資産を数倍にすることを約束された株であっても、
最近のアマゾン株は株価を上げすぎているし、どこかで急落のタイミングが
くるのではないか。そうした時、自分はこの株を平然な顔をして保有し続けられる
のだろうか。」
と。僕の中の答えは、「否。」だった。
僕はさらに考えを巡らせる。
テスラやアマゾンが今後資産を伸ばし続ける可能性は確かに高い。
でも、本当にその保障はあるのか。
ソフトバンクが投資を開始したエヌビディア(NVIDIA)などは、
テスラやアマゾンを遥かに凌駕するパフォーマンスを、
もしかしたら叩きだすのではないか。
エヌビディアの他にも、テスラやアマゾンを遥かに凌駕するパフォーマンスを
叩き出す銘柄など、米国市場を見渡せばいくらでもあるのではないか。
となれば、もしかしたらテスラやアマゾンを投資しているよりも、
S&P500そのものに投資していた方が、結局はパフォーマンスが良かったという
結果に落ち着いてしまうのではないか。
こんなことを考えているうちの僕の心は固まった。
「全財産をS&P500に投資してしまおう。」

ーこうやってゆるまさ君の考えがフラフラするのを見越して、1割を余地として残して
S&P500へは9割投資という方向にしたんですけどね(妻 心の声)ー

番外編:S&P500ETF「VOO」への投資:
より詳細なパフォーマンス計算(2017/6/5)

バークシャー・ハサウェイのアニュアルレポートによれば、
1965年から2016年にかけて、配当を考慮したS&P500のパフォーマンスは、
年率9.7%で推移している。
上の記述では、インデックス投資のパフォーマンスを、計算の簡略化のために7.2%と
したけど、S&P500への投資は実際には、なんと年率9.7%もの利益を、
投資家にもたらしているんだ。ただ、おそらくこのパフォーマンスには、
配当金に係る税金は考慮されていない。
がしかし、税金を考慮したとしても、
年率8.7%くらいのパフォーマンスにはなるんじゃないかと僕は思っている。
ということで、分かりやすい数値を使って、
ここで少し精緻なシミュレーションを行うことで、
未来の自分の資産を試算(ダジャレじゃないよ)し、S&P500ETF「VOO」
への投資のモチベーションを高めていこうと思う。

S&P500ETF「VOO」に、1,000万円を投資(年率8.7%)

・S&P500ETF「VOO」投資開始 9年目で資産2,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始14年目で資産3,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始17年目で資産4,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始20年目で資産5,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始22年目で資産6,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始24年目で資産7,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始25年目で資産8,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始27年目で資産9,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始28年目で資産1億円突破

S&P500ETF「VOO」に、1,000万円を投資。
その後、毎年50万円ずつ追加投資(年率8.7%)

・S&P500ETF「VOO」投資開始 6年目で資産2,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始10年目で資産3,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始13年目で資産4,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始16年目で資産5,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始18年目で資産6,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始19年目で資産7,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始21年目で資産8,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始22年目で資産9,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始23年目で資産1億円突破

S&P500ETF「VOO」に、1,000万円を投資。
その後、毎年100万円ずつ追加投資(年率8.7%)

・S&P500ETF「VOO」投資開始 5年目で資産2,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始 8年目で資産3,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始11年目で資産4,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始13年目で資産5,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始15年目で資産6,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始16年目で資産7,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始18年目で資産8,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始19年目で資産9,000万円突破
・S&P500ETF「VOO」投資開始20年目で資産1億円突破

なんとか毎年100万円ずつ追加投資していきたいけど、
その原資の捻出をどうするか、知恵を絞って考えなければいけないね。

ー上記で、「毎年50万でも大変」と言っているのですが。。(妻 心の声)ー

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です