夫婦2人通信料対決!U-mobile(格安スマホ)VSソフトバンク(株主優待使用)

ソフトバンクといえばお父さん犬

ソフトバンクといえばお父さん犬

バフェット氏が大好きな夫(ゆるまさ君)。
10倍銘柄を狙って持っているソフトバンクから
先日、株主優待が届きました。
ソフトバンクの株主優待は、通話料の割引特典です。
ところが我が家の携帯は U-mobile(格安スマホ)と契約をしています。
ソフトバンクの株主優待の恩恵を受けることが出来ません。
ちょっと勿体無いです。
そこで、株主優待をフル活用したソフトバンクの携帯料金と
格安スマホであるU-mobileの携帯料金とどちらがお得なのか、
ゆるまさ君が改めて計算しだしました。
以前にも試算していましたが、最近のソフトバンクの新サービスも
加味してみるそうです。
【以下、バフェット大好き ゆるまさ談】
==================================================

ソフトバンクの株主優待とU-mobile(格安スマホ)について

ソフトバンクの株主優待とU-mobile(格安スマホ)については以前相当調べたね。
思い出しがてら、過去の記事をご紹介。

いちいち上の2つの記事を読んでいられない方のために要約すると、以下のとおりだ。

  • U-mobile(格安スマホ)とU-NEXT(インターネットプロバイダ)のスーパーファミリーバリュー割引を使うと、携帯2台と家のインターネット回線で月々8,000円
  • ソフトバンクの株主優待を使うと携帯通信料と家のインターネット料金がかなり割引になる

ソフトバンクの株主優待を使った場合の夫婦2人の携帯通信料と家のインターネット料金について

過去の記事によれば、ソフトバンクの株主優待を使った際の、夫婦2人の携帯通信料と家のインターネット料金についての分析についてはまだされていないようだ。なのでここでやっておく。調べたところ、以下の通りのようだ。

  • 携帯2台の通信料:約7,000円×2台=約14,000円
  • インターネット回線通信料:約4,000円

これに様々な割引が適用される。割引の内容を調べてみると以下の割引の適用が出来そうだ。

  • おうち割:約1,500円×2台=約3,000円

さらに株主優待券を使うと、以下の割引が受けられる(夫婦各々で株保有が前提)。

  • 携帯2台の通信料割引:1,000円/月×2台=2,000円
  • インターネット回線通信料割引:約1,000円

トータルすると、ソフトバンクで携帯2台とインターネット回線の契約をした場合、様々な割引を適用することで、約14,000円+約4,000円ー約3,000円ー2,000円ー約1,000円=月々約12,000円

となる。

ー「ソフトバンク携帯電話株主優待」および「インターネット株主優待」が併用できるのは、いいですね(妻 心の声)ー

U-mobile(格安スマホ)とU-NEXT(インターネットプロバイダ)のスーパーファミリーバリュー割引を使った時の通信料と、ソフトバンクの株主優待と各種割引を使った時の通信料の比較について

これまでの話をまとめると、

  • U-mobile(格安スマホ)とU-NEXT(インターネットプロバイダ)のスーパーファミリーバリュー割引を使った時の通信料:月々8,000円
  • ソフトバンクの株主優待と各種割引を使った時の通信料:月々12,000円

となり、一見すると格安スマホの方がお得のようにみえる。
ところが、携帯端末でiPhoneを使用しようとすると、様相が変わってくる。
iphoneを分割払いで購入しようとすると、月々約3,700円かかってくる。
ところが、ソフトバンクでiPhoneを購入した場合には、バリュープログラムなるものが適用されて、なんと月々3,200円通信料が割り引かれる。つまり、ソフトバンクの場合は、月々500円でiPhoneが購入できてしまうのだ。
iPhoneの購入代金を通信料に上乗せすると、以下の通りとなる。

  • U-mobile(格安スマホ)とU-NEXT(インターネットプロバイダ)のスーパーファミリーバリュー割引を使った時の通信料(iPhone端末料金上乗せ):月々11,700円
  • ソフトバンクの株主優待と各種割引を使った時の通信料(iPhone端末料金上乗せ):月々12,500円

ということで、iphone端末料金のことを考えると、両者の料金に大きな差はなくなってくる。
これに加え、ソフトバンクは最近、スーパーフライデーなるサービスを行っている。
毎週金曜日、特定のお店で数百円程度の商品券みたいなものが貰えるサービスだ。
10月は吉野家の牛丼(並盛り)が、11月はサーティワンのアイスクリーム(レギュラーシングル)が、12月はミスタードーナツのドーナツ(250円分)が対象商品だった。
対象商品によっては全国の店舗によって価格が違ったりするから、
仮にミスドのドーナツの250円分を基準とすると、
このスーパーフライデーが、毎週250円×4週=毎月1,000円程度の商品券がもらえるサービスといえる。
こうなってくると、ソフトバンクの方がむしろお得に思えてくる。
格安スマホの魅力も段々となくなってくるのかもしれない。

ーこのスーパーフライデーで、近所のミスドが毎週金曜日
すごい行列でした(妻 心の声)ー

まとめ:ソフトバンクの様々な割引特典を活用すると、格安スマホよりも通信料がお得!




今回の話をまとめると、ソフトバンクのいろいろなサービスを活用すると、
その通信料は格安スマホよりもお得ということになる。
なお、ここで格安スマホの代表として、U-mobileを事例としてあげたけれども、
数多くある格安スマホの中でも、このU-mobileはかなり安価で良質な事業者であることも付け加えておく。
詳細は、冒頭で紹介した記事のリンク先を見ていただければ。

==============================================
【以上、バフェット大好き ゆるまさ談】
ゆるまさ君はiPhoneが欲しいので、高くない!!と熱弁をふるってきましたが、
別にiPhoneにこだわりのない私からすれば、やはり格安スマホの方が安いわけです。

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です