【2017年】ソフトバンクの第37回株主総会の感想

ソフトバンクといえばお父さん犬

バフェット氏が大好きな夫(ゆるまさ君)。
IT業界のバフェットと言われるソフトバンク社長の孫正義氏も大好きです。
今までの記事でもバフェット氏の次くらいに名前が出てるんじゃないかと思います、孫社長。
2017年6月21日、ソフトバンクが株主総会を実施し、
社長の孫正義氏がプレゼンを行いました。
今回も株主総会に行く気満々でしたが、どうしても仕事を休めず、
帰宅するなり総会の配信動画に釘付けでした。
ちなみに、昨年のソフトバンクの株主総会の様子はこちら。
ソフトバンクの第36回株主総会に行ってきた!

【以下、バフェット大好き ゆるまさ談】
==================================================

ー第37回ソフトバンクの株主総会ー
今年は動画視聴

待ちに待ったソフトバンクの株主総会。
本当は直接行きたかったんだけど、今回は仕事の都合で会社を休むことが出来ず。
泣く泣く動画視聴にしたよ。
生で見たかったなぁ。

ーゆるまさ君にとって株主総会は
アイドルのコンサートのような位置付けなのかもしれません(妻 心の声)ー

ー第37回ソフトバンクの株主総会ー
孫社長は風邪気味

ソフトバンクの株主総会、冒頭は孫正義社長の挨拶からはじまる。
ところが、風邪気味のようで、咳がこほこほと。
終始辛そうだったなぁ。
深刻な体調不良のようには見えなかったので、
健康問題の心配はとりあえずなさそう。

ーそれでも、ほとんど終始お一人でしゃべり通し(妻 心の声)ー

ー第37回ソフトバンクの株主総会ー
ビデオ映像で業績説明

業績説明は、昨年同様ビデオで行われた。
右肩上がりの景気の良いスライドが次々と並ぶ。
ソフトバンクモバイル、ヤフー、スプリント、全て好調のようだ。
淡々と説明があり、安心してみていられる。

ー第37回ソフトバンクの株主総会ー
孫社長からの説明

ビデオでの説明後は、孫社長から改めて業績等についてプレゼン。
風邪による咳で辛そうだったけど、いつも通りの名プレゼンだ。
途中、「将来利益で1兆円、2兆円と数える会社にしたい」と過去の株主総会で
語った時の映像も交えながら、今季の業績、今後の展望について、孫社長は語った。
注目はやはり今後の展望についてのプレゼン。
今回は、昨年買収したARMの素晴らしさについての話が印象的だった。
来るIoT、AI革命が到来した際には、コンピューターのチップが大量に世の中に
出荷されるようになるため、コンピューターチップメーカーのARMの価値は
計り知れないものになるといった内容で、
ヤフージャパンやアリババなど、孫社長が手掛けた伝説的な買収案件を含めても、
ARMが自分の人生の中で最大の投資案件になるだろうとのことだった。

ー第37回ソフトバンクの株主総会ー
印象的な質疑応答①:後継者問題

ソフトバンクアカデミアという後継者育成機関は、第3、4世代の後継者。
次期後継者については、共にグループの経営に携わり、
孫社長の描くビジョン、考え方と近い者を選ぶとのことだった。
確か僕の記憶だと、ソフトバンクアカデミアから次期後継者が生まれるという
話だったはずだけど、ニケシュ・アローラが出てきて〜辞めて〜、と
後継者問題についてはなかなか結論が出せないでいるよう。
ソフトバンク最大の危機はこの後継者問題じゃないかなと僕は思う。
孫正義が社長である限りは、比較的安心して株を持っていてもいいんじゃないかな。
あっ、あくまでも投資は自己責任でお願いします。

ー第37回ソフトバンクの株主総会ー
印象的な質疑応答②:ARMの価値

ARMを買収した価値のひとつとして、
ARMそのものの売り上げや利益に加え、
AIに関わる将来的な技術ロードマップなどの
ARMに集められる情報が挙げられるとのこと。
ARMのこうした価値については、僕の知る限りは、
これまでも憶測で様々な人が述べていたことであるものの、
今回ソフトバンクの孫正義社長から直接そのことが
聞けたことは新たな情報だったかな。

ー第37回ソフトバンクの株主総会ー
印象的な質疑応答③:無料WiFiはセキュリティー面で大きな課題を抱えている

無料Wi-Fiの拡大について聞かれたソフトバンクの孫正義社長、
無料Wi-Fiが日本に比べて普及している諸外国で起きている問題に触れ、
セキュリティー面で課題があるため、
徒らな拡大には慎重になるべきだとの至極真っ当な見解を示した。

ーこの「訪日外国人向けの無料Wi-Fiよりもローミングの方がいい」という趣旨の
発言は、その後のITニュースやtwitterで話題になっていましたね(妻 心の声)ー

ー第37回ソフトバンクの株主総会ー
印象的な質疑応答④:今後の株価と企業価値について

過去最高値で買った人が後悔しない程度には引き上げたいとのこと。
いつもであれば、「大ボラですよ」と前置きがおくものの、
その前置きをせず、真顔で言っているのが印象的だった。
もしソフトバンクの孫正義社長が、これを有言実行してくれれば、
株価は2万円程度にまでは上がる計算になる。
今の株価から見ると約2倍。
単元100株90万円が180万円になる計算だ。
あの様子だとかなり高確率でここまで行くんじゃないかな。
やっぱり欲しくなっちゃうよなぁ、ソフトバンクの株。

==================================================
【以上、バフェット大好き ゆるまさ談】
たしかに、「過去最高値で買ったまま持ってくれている人が後悔しないように」
というのは、他の上場会社の経営者の方からも是非とも聞きたい言葉です。

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です