【株主優待】ソフトバンクの株主優待で通信料を節約!【オススメ】

バフェット氏が大好きな夫(ゆるまさ君)。
ソフトバンクの孫社長も気になるんだとか。気が多いようです。

ながらく、チケットショップ激戦地域で生活していた私は、
ちょっとした切符なんかもすぐにチケットショップで探そうとするのですが、
ゆるまさ君には、
「数十円のためにその労力と時間を割く方が勿体ない」
と、よく言われます。そして二言目には、
「それより株主優待を活用する方がはるかに効率的だ」
と、続きます。
アメックスグリーンカードの年会費は妥当か」の際にも書いたのですが、
ゆるまさ君は、ミーハーです。新しいものが大好きです。
iPhoneもすぐに新しい機種に飛びつきます。勿体ないのでは、と思うのですが、
本人曰く、下取りがあるからそうでもないのだとか。

そんなわけでiPhoneの出始めに契約しているので、
ゆるまさ君のキャリアは当時唯一の取り扱いだったソフトバンクです。
私はJ-フォン時代からのユーザーなので我が家はソフトバンクで統一されています。
ところで、こんな長期ユーザーに対して何かメリットあってもいいと思うんですけどねぇ。
さて、家計で結構な割合を占める通信料を我が家はソフトバンクさんにお支払いしています。
(2017年5月現在は格安スマホのU-mobaileを利用しています。
ところが、色々試算してみると、iPhoneを利用するなら、
ソフトバンクの株主優待を利用したソフトバンクユーザーでいた方が、
お得だったことが判明しました。この記事の最後でそのことに触れています。)

それを節約するのに有効な手段としてソフトバンクの株主優待がある。
というのが、今回のゆるまさ君の熱弁のお題。

【以下、バフェット大好き ゆるまさ談】
================================================

ソフトバンクの株主優待について

まず早速なんだけどソフトバンクの株主優待の紹介をするね。
2017年5月4日現在、ソフトバンクの株主優待は以下のようになっているんだ。
・ソフトバンクで契約した携帯電話の基本使用料が月々1,000円(税抜)割引
・ソフトバンクで契約したタブレットの基本使用料が月々500円(税抜)割引
・ソフトバンクで契約したインターネット回線の基本使用料が月々1,200円(税抜)割引
※それぞれ6ヵ月間
※インターネット回線は、戸建住宅でSoftbank光の場合
単純に計算すると、ソフトバンクで携帯電話1台・タブレット1台・インターネット回線1回線を所有している人は、
同社の株主優待で「1000円(税抜)+500円(税抜)+1,200円(税抜)=2,700円(税抜)」の割引が月々受けられることになるんだ。
他にも割引要素はあるんだけど、ここでは代表的なものだけを紹介しているから、詳しくはこちらのソフトバンク公式ホームページで確認してね。インターネット回線は種類によって割引額も様々だし、細かい条件や制約なんかもあるからね。

ソフトバンクの株主優待はお得なのか

じゃあ、この株主優待、結局お得なのか否か。
それはこの株主優待を受けるために、いくらお金が必要なのかによるよね。
2017年5月4日現在、ソフトバンクの株価は約8,500円、最低取引単位は100株だから、
この株主優待を受けるのに必要なお金は最低約85万円だ。
そして、優待適用の2回分の期間、株を保有していれば携帯電話1台・タブレット1台・インターネット回線1回線を所有している人は、「2,700円(税抜)×12(ヵ月)=32,400円(税抜)」の割引を年間で受けることが出来る。ということは、この人にとってソフトバンクの株主優待は、「32,400円(税抜)÷約75万円=約3.8%」の価値があることになるね。
この利回りを高いと見るか、低いと見るかは人によると思うけど、僕は結構いい利回りだと思うよ。さらに、ソフトバンクの場合だと、株主優待に加えて、配当金が100株で4,400円貰えるから、総合利回りは、「(32,400円+4,400円)÷約85万円=約4.3%」。
85万円を銀行に貯金しているより、いい運用なんじゃないかな。

-定期預金でも低い金利ですからね(妻 心の声)-

まとめ:ソフトバンクの株主優待はお得である

ソフトバンクの株主優待は、端末購入時の割引クーポンと違い、
基本使用料からの値引きになるので、家計の通信料削減に大いに役立つと思うよ。
もちろん、ソフトバンクで携帯電話やタブレット、インターネット回線を契約している人にとってだけどね。

番外編 〜家族分の株主優待を受けるには〜

新規申込みで60,000円キャッシュバック【SoftBank 光】

ソフトバンクの株主優待は、1名義につき1回線のみが利用可能なんだ。
僕がソフトバンクの株を持っていた場合、僕の携帯電話の基本料金やタブレットの基本料金を割引にするか、家族割引を組んでいる、ゆるまさの妻(以下、’ゆる妻’)の分の携帯電話の基本料金やタブレットの基本料金を割引にするか、選ばなくちゃいけない。
僕一人だけが株主では、1回線分しか適用できないんだ。
だから、二人分の携帯電話の基本料金を割引にするには、ゆる妻名義でソフトバンクの株主になる必要があるんだ。
そして、ここで注意しなくちゃいけないのは、ゆる妻名義でのソフトバンクの株主優待を利用するには、ゆる妻名義での携帯電話の契約が必要だということ。
ゆる妻も株主優待を受けようと思ったら、携帯電話の契約をそれぞれの名義にする必要があるんだ。でも名義を別にするからといって、家族割引の適用がなくなってしまう、とかはないから安心して。

-またもや、株を買わせようとしている?!
証券会社のセールスマンですか(笑)(妻 心の声)-

番外編 〜iPhone利用のソフトバンクユーザーは格安スマホよりも通信費がお得〜

SoftBankスマホ

夫婦2人のiPhone利用のソフトバンクユーザーの場合、
ソフトバンクの株主優待を利用することで、
格安スマホよりも通信費を抑えることが出来ることが判明しました。
以下の記事でそれを紹介しています。

==================================================
【以上、バフェット大好き ゆるまさ談】
はたと気づきました。
今回の熱弁、先日私の反対を押し切って契約したタブレットを正当化しようとしてないか?!

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です