「ポスト・バフェット」は「ソフトバンク 孫正義」かもしれない

ソフトバンクといえばお父さん犬

バフェット氏が大好きな夫(ゆるまさ君)。
バフェット氏だけではなく、ソフトバンクの孫正義社長も何かと気になる様子。
先日、ソフトバンクの決算説明会がありました。
純利益で1兆円を超える好成績な決算で、ゆるまさ君も大喜び。
ソフトバンクの決算説明会の動画を見ながら、
孫正義はポスト・バフェットになるかもしれない、
といつものように熱弁を振るい始めました。

【以下、バフェット大好き ゆるまさ談】
==================================================

バフェットがIT企業を認めだした

バフェットが経営するバークシャーハサウェイの今回の決算発表会、
バフェットは、IBMに投資したことを失敗だと述べた一方で、
グーグル、アマゾンに投資するべきだったという後悔もみせた。
少し前には、IBMの次の投資先としてアップルに投資したり、
最近のバフェットはIT企業に傾倒しているようにみえる。
もともとバフェットといえば、IT企業嫌いで有名な投資家だった。
10年以上前のITバブルの頃は、
IT企業には1社にも投資をしなかったほどだ。
そんなバフェットが、今はIT企業に対して積極的な姿勢をみせている。
一方、バフェットは、長期投資家として有名だ。
これは、バフェットが、長い目で見て、
IT企業が今後ますます繁栄していく未来を感じ取っている
ということがいえるのではなかろうか。

ソフトバンク・孫正義は
IT企業に関してはバフェットより選球眼がある

IT業界のこれまでの成長は序章に過ぎず、
長い歴史で見たときの爆発的な成長はこれから始まるとの見解を
みせているのが、ソフトバンクの孫正義社長だ。
ソフトバンクは、もはや携帯会社ではなく、
日本と米国の携帯電話会社で得た収益を投資活動に回す投資会社だ。
直近10年程度の投資パフォーマンスは、
約3,800億円の投資を約11兆円にまで伸ばしているので、利回り44%程度。
バフェット率いるバークシャーハサウェイの年間投資収益率は20%と
言われているので、これをはるかに上回る。
まあバフェットはこのリーターンを50年位続けているわけだけれども。
ただし、直近だとS&P500を下回るパフォーマンスに留まる年も
多くなってきており、バフェットは、
ITという大きな大きなトレンドには乗れていない様子が伺える。
一方で、ソフトバンクはIT企業に特化した投資会社として、
ITの波にうまく乗れている。
ソフトバンクの孫正義は、バークシャーハサウェイのバフェットよりも、
IT企業に関しての選球眼は上なのだ。

ー決算発表会で孫社長ご本人は個人的な株式投資はされていない、とおっしゃってました。
それよりもソフトバンクという大きな規模で投資している方をはるかに楽しんでおられるようで(妻 心の声)ー

ソフトバンク・孫正義は
バフェットを超えるかもしれない

そんなソフトバンクの孫正義、
ソフトバンクはバークシャーハサウェイのIT版と豪語する。
バークシャーハサウェイは保険ビジネスで得たお金を投資活動に使う、
ソフトバンクは携帯ビジネスで得たお金を投資活動に使う、
確かに共通点はある。
一方で、投資手法は異なる。
バフェットは、
既に成熟しきってある程度のブランド力と資本を有する企業に投資するのに対し、
ソフトバンク・孫正義は、
バフェットに比べれば、まだ成熟しきってはいないものの、
これから圧倒的な伸びを見せる企業へ投資を行っている。
バフェットは、IBMへの投資の失敗を受けて、
IT企業への投資は従来とは異なる尺度での判断指標が必要となってくる、
という旨の発言をしているが、
ソフトバンク・孫正義は、その判断指標をかなり高確度で有しているのではなかろうか。
となれば、IT企業がこれまで以上に爆発的な伸びを見せる中、
IT業界に対してバフェット以上の選球眼を持つ孫正義が率いる
ソフトバンクは、僕らの想像を遥かに凌駕する成長を見せるんではないかな。
ソフトバンクの時価総額は現在約10兆円、
過去にソフトバンクの孫正義は、
ソフトバンクの時価総額を2040年までに200兆円にしたい旨の
発言をしているから、
もしかしたら20年位持っていれば資産20倍になっちゃうかもしれない。

==================================================
【以上、バフェット大好き ゆるまさ談】
孫社長はプレゼン上手ですね。
常に前向きで、自分で認めながら大風呂敷をひろげるあたり、
従来の日本の企業トップには少ないタイプです。
そこが、ゆるまさ君には魅力的にうつるようで、
嬉々として決算発表会の配信を見ていました。
私個人的には、あまり自信満々に話されると逆に懐疑的になってしまうのですが。。

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です