ポケモンGOで任天堂の株価はどこまで上がるのか-Part1-

行け、モンスターボール!

行け、モンスターボール!

バフェット氏が大好きな夫(ゆるまさ君)、
最近は毎日株価チェックよりアプリ配信をチェックしています。
2016年7月6日、ついにポケモンGOがアメリカ等で先行配信されました。
アメリカでは社会現象を起こすほどの大ヒットのようです。
日本でのポケモンGO配信を心待ちにしているゆるまさ君、
ポケモンGO効果により、うなぎのぼりな任天堂の株価について黙っているはずがありません。
【以下、バフェット大好き ゆるまさ談】
===============================================

ポケモンGOの登録ユーザー数はTwitterを凌ぐ勢い

ポケモンGOは、アメリカで空前の大ブームを引き起こしているんだ。
配信開始後、ダウンロードランキングで米国1位になったとか、
ポケモンGOの影響でひきこもりがみんな外を出歩くようになったとか、
ポケモンGOの影響でアメリカの肥満問題が解決するとか、
色々言われているけど、いったいどれくらいの人が登録しているのか。
http://www.gamespark.jp/article/2016/07/11/67216.html
によれば、Twitterのアクティブユーザーに迫る勢いであり、
起動時間もsnapchatのようなアプリの2倍以上あるそうなんだ。
ちなみに、
http://mobilelaby.com/blog-entry-twitter-number-of-users-35million-japan.html
によれば、全世界のTwitterのアクティブユーザー数は約3億2,000万人なんだって。
だから、ポケモンGOの全世界のアクティブユーザー数も、少なく見積もって3億人位にはなるんじゃないかと思うんだ。

ーもうピカチュウは押しも押されもせぬWorld wideなキャラクターですね(妻 心の声)ー

ポケモンGOの売上を予測する

次にポケモンGOの売上を予測するため、
パズドラのユーザーの月平均の課金金額をみてみよう。
http://puzdlife.com/投票結果-平均課金額はどれくらい/
これを見ると、パズドラの1ヶ月あたりの平均課金金額は、
・0円〜1,000円 ・・・44%
・1,001円〜3,000円 ・・・14%
・3,001円〜5,000円 ・・・13%
・5,001円〜10,000円 ・・・16%
・10,001円〜20,000円・・・7%
・20,001円〜30,000円・・・2%
・30,001円〜 ・・・4%
らしいんだ。
一つ前の考察でポケモンGOの全世界のユーザー数を3億人と仮定したから、
仮にこのポケモンGOユーザーがパズドラの利用者並みに課金をしたとすると、
大体8,000億円〜2兆8,000億円程度、月の売上を見込むことができる。
年間売上にすると、なんと約10兆円〜30兆円の月の売上を見込むことが出来る。
ただ、
http://www.tarappism.com/entry/social-game-player-japan-america-china-korea
でみても分かる通り、日本の課金額は世界で見ても超高水準。
北米水準で考えると、北米の1人あたりの月額課金額は、日本の3分の1くらいだから、
ポケモンGOの年間売上は約3兆円〜10兆円と推計できる。
おそるべしポケモンGO。

ーおそるべし、日本人の課金率…(妻 心の声)ー

ポケモンGOの売上のうち、任天堂の取り分はいくらか

ポケモンGOであるが、任天堂の純粋な製品ではない。
開発者はNianticというグーグルからスピンアウトした新鋭企業だ。
また、株式会社ポケモンも開発に加わっている。
さらに、グーグルプレイやAppStoreを通じて上がった売上については、
その3分の1程度はグーグルやアップルに取られてしまう。
http://news.livedoor.com/article/detail/11754731/ によれば、
ポケモンGOを売り上げたことによる任天堂の取り分は1割程度らしいので、
ポケモンGOによる任天堂の取り分は、年間で約3,000億円〜1億円と仮定することが出来る。

ー株式会社ポケモンは、任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリーク3社の共同出資ですね。
本社が六本木ヒルズ森タワー。錚々たる世界企業の中で「ポケモン」とか関連会社の「ポケモンセンター」が異彩を放っているのがいい感じです(妻 心の声)ー

ポケモンGOの大ヒットにより、任天堂の時価総額はいくら嵩上げされるのか

クラッシュオブクランやクラッシュロワイヤルで有名な株式会社スーパーセル。
http://app.famitsu.com/20160310_669761/
によればスーパーセルの売上は2015年度で2,600億円程度とのことだ。
そして最近、ソフトバンクがこのスーパーセルを中国の大手IT企業に売却した際には
時価総額が2015年の約2倍で、1兆円程度だったらしいから、
年間で約3,000億円〜1兆円をゲームアプリで売り上げることにより、
時価総額を約1兆円〜3兆円は嵩上げすることが出来るのではないかと推察できる。
ポケモンGO配信前の任天堂の時価総額が約2兆円であると仮定すると、
ポケモンGOの登場により、任天堂の時価総額は約3兆円〜5兆円くらいになるのではないかと
いうのが僕の読みだ。かなりざっくりな計算だけどね。

ー”とうとう任天堂がスマホゲームに参戦!”ってニュースになった時に、「らしさがなくなる」とか「遅すぎる」とかいう意見をサラッと交わしていた故・岩田元社長の話を思い出すと、なんだか感慨深いものがあります(妻 心の声)ー

全盛期の任天堂の株価との比較

ちなみに僕が弾き出したこの約3兆円〜5兆円という数字、
それほどとんでもない数字というわけでもない。
過去に任天堂がWiiの大ヒットでブイブイ言わせていた時、
http://money.mag2.com/invest/soubanote/2007/11/10.html
なんかを見ると、任天堂の時価総額は10兆円を超えていたそうな。

ー株式投資を始めた学生の頃、馴染みの深い任天堂の銘柄が気になりましたがおっそろしく高かった印象です(妻 心の声)ー

ポケモンGOのほかにも任天堂の株価を底上げする要素

そしてポケモンGO以外でも、以下の通り任天堂の企業価値が上がる要素はいくつかあるんだ。
だからポケモンGOの登場で株価が急騰し、ひと段落ついたとしても、まだ伸びしろがあるとみるならこのタイミングでの任天堂の株購入は正解なのかもしれない。

ーポケモンの新作も出ますね「ポケットモンスター サン・ムーン」(妻 心の声)ー

まとめ:ポケモンGOをきっかけに任天堂の株価はまだまだ昇るかもしれない

今回の話をまとめると以下のような感じかな。

  • ポケモンGOが大ヒットすれば、Twitterのアクティブユーザー数、パズドラの課金アンケート、全世界のスマホアプリ課金額、任天堂の貢献度などから推測するに、任天堂の時価総額は約1兆円〜3兆円は嵩上げされる。
  • ポケモンGO以外にも、ユニバーサルスタジオジャパンと連携したテーマパークの設置など任天堂の企業価値を上げる取り組みは継続的に行われている。
  • 現在、ポケモンGOの配信が米国で大旋風を起こしていることをきっかけに任天堂の株価は急騰しているものの、まだまだ株価上がる要素は存在している。

=================================================
【以上、バフェット大好き ゆるまさ談】
個人的には、任天堂のテーマパークがすごく気になります。
ポケモンはもちろんのこと、ゼルダやカービィやマリオなどアトラクションにしやすそうなキャラもたくさんいますし。

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です