【新築分譲マンション:浜松町】パークコート浜離宮【査定】

パークコート浜離宮

パークコート浜離宮

バフェット氏が大好きな夫(ゆるまさ君)。
株式投資だけでなく、不動産投資にも興味ありです。
先日、汐留をぶらぶらしていたところ、
パークコート浜離宮の駅内広告を発見。
「行こう行こう!」というので見学してきました。
【以下、バフェット大好き ゆるまさ談】
==================================================

査定ポイントその1:「パークコート浜離宮」の立地

「パークコート浜離宮」のアクセスは抜群だ。
JR「浜松町駅」から徒歩5分
都営三田線「御成門駅」から徒歩8分
JR「新橋駅」から徒歩12分
都営大江戸線「大門駅」から徒歩5分
都営大江戸線「汐留駅」から徒歩6分
都内勤務のサラリーマンであれば最強の立地だね。
ただ、この物件、僕みたいな平々凡々なサラリーマンなど相手にしていない超高級物件なんだ。残念、無念。

ー新橋駅は12分とありますが、日テレの横を抜けてwingを通っていると
そんなに遠く感じませんでした(妻 心の声)ー

査定ポイントその2:「パークコート浜離宮」の売主

パークコート浜離宮の売主は、三井不動産レジデンシャルだ。
施工主は、清水建設。
最強の布陣だね。

ーよく見かけるペアですね(妻 心の声)ー

査定ポイントその3:「パークコート浜離宮」の価格

だいたい平均坪単価600万円。
目ん玉が飛び出るかと思ったね。
具体的には、以下のような価格の部屋がラインナップされている。
37階 87.56㎡ 18,990万円 @715万円(坪単価)
37階 61.16㎡ 10,570万円 @570万円
19階 84.21㎡ 16,430万円 @643万円
19階 44.55㎡  6,780万円 @502万円
11階 36.29㎡  5,370万円 @488万円
これまで紹介した物件の中では最高価格。
それもそのはず。
この物件、三井不動産レジデンシャルが提供している物件の中では最高級ブランドである「パークコート」という冠をその頭に乗せているんだ。

ーあぁ、これが世に言う「億ション」なのですね(妻 心の声)ー

査定ポイントその4:「パークコート浜離宮」の周辺を散策

パークコート浜離宮

奥にイタリア街のビル群

びっくりなのはマンションのすぐそばにあるイタリア街と呼ばれる場所。
文字通り、イタリアのような石造りの建物が建ち、レンガ造りの床が張り巡らされた街並みが再現されている。
このイタリア街にある消防署やJRA、とってもおしゃれだね。
そしてイタリア街を通り抜けた先にある汐留駅もとても綺麗な駅舎で、
日本の最もファッショナブルな空間にいる心地を、行き交ういかにもお金を持ってそうな貴婦人とともに味わうことができるね。
おっと、少し酔いしれて文学的な表現の文章になってしまった。
気を取り直して、浜松町側に歩いて行くと、こちらは少し街並みが古く雑多で残念な感じだ。
ただ、浜松町駅周辺は再開発真っ最中で、今後10年程度で数々の新しいビルやペディストリアンデッキが出来る。
10年程度で街が一変するのは間違いなく、価格付けもそれを見越したものとなっている。
このマンションの入居予定時期も平成31年末、再開発が進んでいる時期だろうね。
スーパーがないのが気になるところだけど、ご安心を。
マンションの1階にスーパーが入る予定とのこと。

ーマンション名の通り、浜離宮もすぐ近くで、
マンションの共有施設から浜離宮を望めるのはいいですね。
増上寺や旧芝離宮もあり、区役所や病院も近いですし(妻 心の声)ー

まとめ:「パークコート浜離宮」の購入は見送り

まあお金がないからね。
億ションをポンと買える人向けのマンションで、うちには縁がない。
ただ、今後の再開発の予定を鑑みると、相対価格としてはそんなに高くないかもしれない。
すべての再開発が終了した時、すこぶる人気のエリアになっていて、
買値を上回るマンションになっている可能性も無きにしもあらずだ。
そうだなぁ。
僕がもし仮に3億円くらいの現金を持っていたら、資産分散のため、
一つ買っていたかもしれない。
購入は見送ったけど、将来性にはとても期待しているマンションだ。

==================================================
【以上、バフェット大好き ゆるまさ談】
室内は、普通のマンションではオプション扱いの仕様(備え付け食器棚やタイル床など)が
色々とデフォルトで付いている、という「パークコート」ブランド。
ワンランク上のマンションのようですね。
ある程度の広さが欲しいので、残念ながら手が届きません。

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です