【書評】『アウトプット大全』に学ぶ現代の勉強法

アウトプット大全


ゆるまさです。
最近読んだ本からアウトプットの大切さを学んだので早速アウトプットします。
ということで、今回の書評は『アウトプット大全』についてです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『アウトプット大全』を手にしたきっかけ

本書のコンセプトは、
「勉強というとインプットばかりを意識するが、
実はアウトプットの量こそが重要なのだ。」
というもの。
最近このブログの更新が増えているのも、
実はこの本の影響によるところが大きかったりする。

『アウトプット大全』の内容について

本書の著者は、樺沢紫苑さんという精神科医。
著者は、
・メルマガ 毎日更新 13年
・フェイスブック 毎日更新 8年
・YouTube 毎日更新 5年
・毎日3時間以上の執筆 11年
・年2〜3冊の出版 10年連続
・新作セミナー 毎月2回以上 9年連続
という恐ろしい量のアウトプットをしている。

にも関わらず、
・18時以降は働かない
・月10本以上の映画鑑賞
・月20冊以上の読書
・週4〜5回のジム通い
・月10回以上の飲み会
・年30日以上の海外旅行
を行っているという。

まさにスーパーマンだ。
僕はジーエヌアイとリップル社のXRPへの投資に成功して
億万長者となった暁にはこのようなライフスタイルを過ごしたい。

閑話休題。
著者がこのようなライフスタイルを過ごせているのは、
アウトプットの方法を工夫し、インプットとアウトプットのバランスを整え、
学びと自己成長のスピードを最大化することに成功したからだそうだ。
本書はそんな著者のアウトプットの創意工夫・手法が
てんこ盛りで紹介されている。

『アウトプット大全』を読んで


本書を通じて僕が気になったことや学んだことは以下の通り。

・インプットとアウトプットの黄金比は、3対7。
 インプットの約2倍はアウトプットに費やすように意識すると良い。
・アウトプットをする際には、事実に加えて自分の感想や意見を付加する。
・何を話すかよりもどう話すかという非言語コミュニケーション
 を意識するだけでコミュニケーション力は大幅に向上する。
・長く話すよりちょくちょく話すのがいい。
・想定問答は10問で70%、30問で90%、
 100問で99%をカバーすることが出来るイメージ
 通常は30問もあれば大丈夫。

今のような時代、というか昔から、
アウトプットの量こそが、その人の価値や信頼を高めるんだ、
ということを強く意識するようになったよ。

「論語読みの論語知らず」という言葉は昔からあり、
今の時代に限らず、古今東西インプット馬鹿ではダメってことだね。
なので、僕もこうやってブログをなるべく毎日更新しながら、
アウトプットの量を増やしていきたいと改めて思ったわけだ。

そして本書を読み終わった後、
タイムリーなことに以下の本を本屋で見つけてしまった。
読書の秋、満喫中!

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です