【書評】『結局、人生はアウトプットで決まる』は真理

結局、人生はアウトプットで決まる

ゆるまさです。
先日【書評】『アウトプット大全』に学ぶ現代の勉強法にも書いた、
タイムリーに見つけてしまった『結局、人生はアウトプットで決まる』という本。
早速読みましたので、書評です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『結局、人生はアウトプットで決まる』を手にしたきっかけ

樺沢紫苑氏の『アウトプット大全』を読んだ直後くらいかな、
偶然本屋で見つけたんだ。
普通にこういうタイトルの本だったら、
特に立ち止まることもなく、やりすごしたと思うんだけど、
著者が、「中島聡」さんだから立ち止まったんだ。

「中島聡」さんは、
日本人の有名ソフトエンジニアで、
windows隆興の礎を築いた伝説の日本人と言われている。

そんな彼が、「アウトプット」をテーマにした本を書いていたもんで
ついつい手にとってしまったわけだ。

たぶん「アウトプット」を重視する考え方は、
今後ますますトレンドになっていくと思うな。
僕も含めてだけど、みんなこれまでインプットに偏り過ぎてきた
ことに気がつき始めた気がするんだよね。

話はそれるかもしれないけど、
ホリエモンは随分前からアウトプットの重要性を説いている。
ホリエモンの近畿大学卒業式におけるスピーチは素晴らしい
と有名なわけだけど、そのスピーチの中で彼はこう述べている。

まだみなさん気づいてないかもしれないです。
スマートフォンでゲームやってるだけかもしれないですが、
みなさんが知らないうちに、世界中のすごい人たち、
頭のいい人たちは、どんどん皆さんが知らないうちに、
新しい技術を開発して、
勝手に世の中を変えていってしまっています。

まず、みなさんはその事実に気づいてください。
ただ今まではレールに乗って大学を卒業すればよかった
かもしれないですが、これからそんな甘くないです。

自分で出来るだけ多くの情報に接することがまず大事です。
そのためのツールは揃っている。
別に先生に教わらなくても、自分で、
たとえばスマートフォンのニュースアプリを使って情報に
接することも出来るし、ソーシャルネットワークを使って、
世界中の、自分が「面白いな」「この人の話聞いてみたいな」
っていう人たちの情報にすぐに辿りつくことができます。
簡単です。まず、自分で情報を、
世界中の素晴らしい頭のいい人たち、先を行ってる人たちの情報を、
触れることができるので、まず、そのことを頭の中に入れておいてください。

そして、それだけじゃダメです。
これからは、そうやって仕入れた情報を、
自分の頭で考えて、そして自分で発信して、
頭の中を整理して自分で考える癖をつけていかなければいけないです。
それはどうやってやるのか?
簡単です。インターネットでブログやら、
ソーシャルネットワークやら、
そこで毎日発信し続ければいい。
非常に簡単なことです。
それをできれば毎日やってほしい。
そうすることによって、
世界中の様々な情報を自分で頭の中に入れて考えて
自分なりの判断ができるようになると思います。

出展:単純に狩り「堀江貴文さんの近畿大卒業式スピーチ 全文書き起こし」

僕はこれを聞いた時にもアウトプットの重要性は感じつつも、
結局実践しなかった。とても悔やまれる。
これを見た2015年から継続的に実践し続けていれば、
僕ももう少し成長できていたかもしれない。

しかし、
世の中のすごいといわれる人たちはみんなこういうことを
実践していたんだということを、
本屋に積まれた『結局、人生はアウトプットで決まる』のタイトルの本と
著者「中島聡」という名前を見ながら、再認識できた。

『結局、人生はアウトプットで決まる』の内容について

『結局、人生はアウトプットで決まる』の中身についてだけど、
『アウトプット大全』とまあ、ほとんど同じような感じといった印象。
しかし、中島聡さんのエピソードとともに解説がなされているから、
より説得力が増している気はしたかな。
アウトプットのやり方というよりも、
中島聡さんの考え方を知りたいという人におすすめな本じゃなかろうか。

『結局、人生はアウトプットで決まる』を読んで


『アウトプット大全』と『結局、人生はアウトプットで決まる』の二冊を読んで
バッチリ感化された僕は、
今、猛烈な勢いでアウトプットを増やすことを意識している。
なのでブログの更新頻度やツイッターの発言の頻度も増加中なわけだ。
今後は、発言の内容の質にも気を配りながら、
どんどんアウトプットをしていこうと思っている。
また、インプットも、常にアウトプットを意識しながら、
大量かつ効果的に行っていきたいと思っているよ。

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です