ゆるまさのインデックス投資講座(その1):インデックスファンドとは

付箋もインデックス

付箋もインデックス

バフェット氏が大好きな夫(ゆるまさ君)。一年の計は元旦にあり。
ということで、年明け早々から投資方針の変換を宣言しました。
年初からの株価下落を落ち着いて見ています。
しばらくIPOもないし、安値で掘り出し銘柄がないかと
毎日の株価を検索しまくっている私を横目に、
ゆるまさ君がインデックス投資に関する様々な知識をレクチャーしてくれました。
【以下、バフェット大好き ゆるまさ談】
==================================================

インデックス投資とはなんぞや

インデックス投資ってのは、インデックスファンドへの投資のことだよ。
インデックスファンドというのは、市場をまるごと買うファンドのことさ。
具体的には、日本の株式市場におけるインデックスファンドというのは、
「日経平均」や「TOPIX」といった日本の株式市場の景況感を示す指数に
連動するように設計されているんだ。

-”市場まるごと”と言われましても、
株や債券と違って、何を買っているのかイマイチ具体性がないですね(妻 心の声)-

インデックスファンドへの投資のメリット

通常、世の中のファンドは大きく分けて、
『アクティブファンド』と『インデックスファンド』に分かれるんだ。

『インデックスファンド』が市場平均と全く同じ値動きを目指すファンドで、
運用は機械的に弾かれる数値に従ってほぼ全自動的になされるものであるのに対し、
『アクティブファンド』は人間が、経済指数、世の中のトレンド、各企業の財務諸表などを
元にして、インデックスファンドを上回ることを意識して運用しているファンドのことさ。

運用方法 運用方針
インデックスファンド 機械的に計算 市場平均と全く同じ値動きを目指す
アクティブファンド 経済指数・世間のトレンド・各企業の財務諸表などを元に人間が運用 インデックスファンドを上回ることを意識

こう言うと、アクティブファンドの方が良さそうな気がするんだけど、
インデックスファンドを上回る実績を残しているファンドって、
全体の高々3割程度しかないのが実情なんだ。
だから、インデックスファンドに投資するだけで、
プロ投資家の7割は撃破出来るというわけさ。
しかもインデックスファンドは、
アクティブファンドのような余計なリサーチ費がかけられていない分、
相当安い購入手数料・年間管理費で取得することが可能なんだ。

-「ファンド」という響きに懐疑的になるのは、
子供のころ見た村○さんの影響かしら。。(妻 心の声)-

最近CMでよく聞く「ファンドラップ」とはどう違うの?(妻)

ファンドラップはさらにタチが悪いね。
ファンドラップというのは、例えば、
「500万円を預けるから、あなたのところで好きな金融商品を適当に買ってちょうだい。」
という大変乱暴なサービスだ。
金融商品の中には、アクティブファンド、インデックスファンド、
個別株、債券、など色々ある。
だから、例えば、ファンドラップを通じてアクティブファンドを買う場合には、
ファンドラップのサービス手数料とアクティブファンドの投資信託報酬と二重に
手数料らしきものを払っていることになる。

インデックス投資で期待出来るリターン

ちなみにインデックスファンドで期待出来るリターンなんだけど、
アメリカの市場平均指数の一つであるS&P500は、
ここ200年程度の平均でみると、配当金を全て再投資したと仮定すると、
年率7%程度のパフォーマンスで推移している。
だからアメリカの市場平均に連動するファンドに投資し、果実として生み出された配当金は
全て再投資することで、資産は、
10年で2倍、20年で4倍、30年で8倍になるんだ。

次回予告:
ゆるまさのインデックスファンド講座(その2)

これだけ聞くと、じゃあS&P500に連動するインデックスファンドを購入すれば
十分だねって結論に落ち着くんだけど、インデックスファンドはもう少し奥深いんだ。

次は、具体的に『インデックスETF』と『インデックス投資信託』の違いを
説明するよ。

ちなみに、今話しているインデックスファンドだけど、

  • SBI証券
  • マネックス証券
  • 楽天証券

といったネット証券で購入すると、
種類も多いし、手数料も安くてお得だよ。

===============================================
【以上、バフェット大好き ゆるまさ談】
ネット証券は手数料が安いですね。
ネット証券以外でIPOを購入できても、初値で売ったら手数料でトントン。なんてこともあります。
15

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です