【感想・評価】アニメ『ハイスコアガール』【ゆるまさ視点】

バフェット氏が大好きな夫(ゆるまさ君)。
私のアニメ好きに影響を受けて最近、一緒に見る番組が増えてきました。
2018年夏クール、ゆるまさ君がハマった作品を語ります。

【以下、バフェット大好き ゆるまさ談】
==================================================

『ハイスコアガール』視聴のきっかけ

それは、僕がeスポーツに興味・関心を持っていたからだ。
事あるごとにeスポーツの話をしていたら、
ゆる妻が『ハイスコアガール』の漫画を薦めてくれたんだ。
その矢先、いいタイミングでアニメが始まったんだよね。

ー家族が原作の漫画を買っていたので、実家で読んでいました(妻 心の声)ー

『ハイスコアガール』とは

『ハイスコアガール』は、
心理描写面だけを取り出すと、
ゲームが大好きな主人公春雄と、
同じくゲームが大好きな大野晶、
主人公春雄に惹かれて自身もゲームが大好きになっていく日高小春
を取り巻く恋愛アニメだ。

しかし、取り扱っている題材は「eスポーツ」。
色んなゲームを題材にしているけど、
僕が知っていたのは、
・ストリートファイター
・くにお君
・魔界村
・PC原人
・ぷよぷよ
・グラディウス
・バーチャファイター
・ファイナルファイト
・ボンバーマン
・ワニワニパニック
だ。たぶん今の年齢が30代であれば、
懐かしいなぁと思うゲームばかり。
20代くらいの人はあまりピンとこないかもしれない。

ー私は残念ながらどのゲームもほとんど知りませんでした。
でも漫画もアニメも楽しめました!(妻 心の声)ー

なんでこんな懐かしいゲームばかり扱っているんだろうと思ったけど、
その背景にはやはり著作権絡みの問題があるみたいだ。
過去に著作権を巡ってトラブルがあったようで、
休載していた期間があったみたい。

その著作権問題を乗り越えて、
晴れてアニメ化までこぎつけたようで、
本来であれば1〜2年早く放映されていても
良い作品だったようだ。

eスポーツを扱ったアニメや漫画が少ないのには、
こういう背景も隠されているんだね。
もったいない!

『ハイスコアガール』のおすすめポイント

『ハイスコアガール』の面白さ、
それはやっぱり登場するゲームが
懐かしいことにあると思う。
プレイステーションの起動画面が出てきた時には
本当に感動もんだった。

あとは、主人公春雄と大野晶、日高小春との
間で描かれる心理描写だろう。
ただのゲーム紹介アニメで終わらないのが
このアニメの面白いところだ。

ー小学生〜中学生〜高校生時代をゲームという大きな軸を中心に
ハルオを取り巻く淡い恋物語。なんだかんだでイイ奴なんですよね、ハルオ君(妻 心の声)ー

『ハイスコアガール』はアニメ最終話では完結せず

『ハイスコアガール』は全12話放送されたんだけど、
話はこれで完結しない。

主人公と大野晶、日高小春との恋愛模様の結論が
描かれないまま最終話をむかえてしまうのだ。

続きは、2019年3月に予定されている配信(ネットフリックスなど)
やOVAとして製作されたブルーレイディスクを購入すること
でしか見られない。

コンテンツ大量消費時代を迎え、
アニメ制作会社側も新たな収益モデルを模索している、
ってところかな。

原作の漫画は全10巻で完結しているから読みたいな。

==================================================
【以上、バフェット大好き ゆるまさ談】
続きは「DVDで!」「劇場版で!」に新たなバリエーションですね。

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です