【ジーエヌアイ(GNI)】2018年12月期第2四半期決算【感想】

どこまでいくかな

バフェット氏が大好きな夫(ゆるまさ君)。
2018年8月14日にジーエヌアイの決算があったようで、
私が帰省から戻るなり、熱弁をふるってくれました。

【以下、バフェット大好き ゆるまさ談】
==================================================

待ちに待ったジーエヌアイ(GNI)の決算発表。
備忘録的に思った事を語っていくね。

ジーエヌアイ(GNI)のパイプラインの進捗状況について

ジーエヌアイ(GNI)の決算で最も気になっているのが、パイプラインの進捗状況。
まとめると以下の通りだ。
(読者の皆様、
知識不足でうまくまとめきれていないところもあると思いますので、
そこは指摘していただけると有り難いです。byゆるまさ)

アイスーリュイ(RP・・・放射線性肺炎)
3相前パイロット試験が2019年末に終了予定

アイスーリュイ(DN・・・糖尿病腎症)
2相臨床試験が2019年4〜6月開始予定

アイスーリュイ(CTD-ILD・・・結合組織疾患を伴う間質性肺疾患)
3相臨床試験が2019年半ばまでに被験者登録完了。
そこから52週間かけて試験。

F351(中国)
2相試験中。もうすぐ中間結果が出る。

F351(米国)
1相試験開始。

タミバロテン
もうすぐ販売承認。

F573
まだ1相開始前

2019年から2020年にかけてが最大の山場だと思う。
この間、どこかのタイミングで株価が短期間で数倍から10倍になる瞬間が
訪れると僕は信じている。

ジーエヌアイ(GNI)の決算内容について

大雑把に概要を読むと、
・2017年上半期の売上収益は約7億(医薬品事業のみ)
・2018年上半期の売上収益は約21億(医薬品事業[約12億]と医療機器事業[約9億]の合算)

医薬品事業の大半はアイスーリュイだろうから、
約70%は売上高が伸びていることになる。上出来ではなかろうか。

他に気になったのは、
有形固定資産が3億円も増えている事。
工場建設の仮勘定がここに現れているのかなぁ?
(読者の皆様、私は会計のど素人です。
詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。byゆるまさ)

ジーエヌアイ(GNI)の大株主には個人が多い

大株主に個人がやたら多いんだよね。
まだ機関投資家が触れることが出来ないからかなぁ。
機関投資家が社内の制約なく自由に触れる銘柄になったらいったい株価は
どれだけ上げるのか、妄想するだけでワクワクするね。

ーハシゴをはずされないよう、気をつけなければ(妻 心の声)ー

ジーエヌアイ(GNI)決算の感想まとめ

事業は着実に進んでいるので、
自分はジーエヌアイ(GNI)についてはホールドを継続し、
2019-2020年の色々なパイプラインが一気に進捗するタイミングで
株価が暴騰することを信じて待つことにする。
短期間で資産を数倍から10倍に膨らむことを信じて…。

ジーエヌアイ(GNI)決算追記

2018年8月17日には機関投資家向けの決算説明会が開催され、
ジーエヌアイ(GNI)のホームページにはその時の資料も掲載されている。
やはり、事業が順調に進捗していることが伺える良い内容のものだった。

直近の株価は低迷しているものの、
ホールドし続けることを改めて決意したね。
時価総額数千億円の企業には、たぶんなる。
時価総額1兆円超えることも市場環境が良ければなると思う。
2019年-2020年が一つの山場だ。たぶん。

==================================================
【以上、バフェット大好きゆるまさ談】
UFOキャッチャーのアーム並のホールド力なゆるまさ君。
さてさて、どうなることでしょうか。

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です