【株主優待】「大冷」の株主優待で貰える「魚」がお手軽で美味しい!【オススメ】

大冷の株主優待

大冷の株主優待

バフェット氏が大好きな夫(ゆるまさ君)。
10倍銘柄ばかりを探しているわけではありません。
優待狙いの銘柄も調べては、私に勧めてきます。

久々の株主優待のご紹介です。
今回届いたのは、「大冷」の株主優待。
優待品が届いてご満悦のゆるまさ君です。
【以下、バフェット大好き ゆるまさ談】
==================================================

「大冷」の株主優待について

「大冷」は、魚、肉、野菜などの業務用冷凍食品を手がけている会社だ。
骨なしの魚を売り出したパイオニアで、医療や介護の現場などで広く採用されているそうだ。
そして、株主優待もこの主力商品である骨なし魚が貰える。
もちろん冷凍された状態で届く。
2016年12月時点での株価は1株あたり約1,800円で、
株主優待をもらうために必要な株数は100株だから、
約18万円が株主優待をゲットするために必要な最低投資金額だ。
株主優待で貰える大冷の自社商品は、市場価格で約2,000円相当のものらしい。
だから、優待利回りは、約2,000円÷約18万円=約1%、となる。
ちなみに、大冷の配当利回りは約3%なので、
優待利回りと合わせた総合利回りは、約4%だ。
投資対象としては、まあまあな銘柄だと僕は思うね。

ータイムリーなことに、先日(11月21日)東証2部から東証1部に指定されたそうですよ(妻 心の声)ー

「大冷」の株主優待の骨なし魚は美味しい

「大冷」の株主優待の骨なし魚、中身の内訳はというと、
鯖の切り身、さわらの切り身、鮭の切り身が各5切れずつ。
調理する時には、解凍せずに使えて、
食べる時には、骨を取らなくていいというお手軽さ。
また、優待品を使ったレシピも同封してくれている。

ー今回、同封されていたレシピは「鯖の生姜煮、さわらのトマトチーズ焼き、銀鮭の塩焼き」の3つでした。前回のレシピも残しておけばよかったとちょっと後悔です(妻 心の声)ー

まとめ:「大冷」の株主優待、かなりオススメ

株主優待の自社商品をもらえるパターンって、
色々な商品の詰め合わせで、中には使いづらいものが含まれていたりすることもあるけど
「大冷」の株主優待は、無駄がないと思うんだよね。
マクドナルドやコロワイドなど、
人気の株主優待商品をくれる有名な大企業と比べると、
「大冷」はハッキリ言ってかなり目立たない企業だ。
しかしながら、食事券やお米などのありふれた商品ではないだけに
ちょっと面白い「大冷」の株主優待商品。
かなりオススメだ。

==================================================
【以上、バフェット大好き ゆるまさ談】
どうしても魚料理が肉料理よりも食卓に並ぶ回数が少ないものですから、
我が家ではこの優待品は助かります。
もちろん、『骨なし』という加工工程に抵抗がある方もおられるでしょう。
骨なし魚のQ&Aで「大冷」が回答を載せています。

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です