年間約2万円節約!クレジットカードを有効活用した結果はこんなもんだ

ピッ!

ピッ!

バフェット氏が大好きな夫(ゆるまさ君)、バフェット銘柄である「アメリカンエクスプレス」「ウォルマート」と深い繋がりのあるクレジットカードのお得具合にも興味津々です。
親戚や友人が持っているクレジットカードのことを聞くと、調べずにはいられず、尚且つお得具合を検証したがります。
アメックスグリーンカードの年会費は妥当か」「ウォルマートセゾンカードは家計の節約に大きく貢献」に引き続きクレジットカード記事第3弾です。
【以下、バフェット大好き ゆるまさ談】
==================================================

一般的なクレジットカード関連記事

クレジットカードの記事って、単体のクレジットカードの紹介はなされているものの、
そのクレジットカードで年間どれくらい節約出来るかは記載されてないものが多いんだよね。
だからクレジットカードを有効活用することで節約されるのは
具体的にいくらなのか検証してみたんだ。
失礼を承知で言うと、大体クレジットカードに節約効果を求める人って
僕らと似たり寄ったりの家計状況の世帯が多いからね。
我が家の支出状況を参考にシミュレーション立てれば、
大体の世帯と同じような感じになると思うんだ。

-節約しないと家計が厳しい”中の下”です。現実的に目指すは”中の中”ってとこですかね。
ゆるまさ君は”億万長者”を目指してますが。。(妻 心の声)-

検証するクレジットカードはこちら

あまり多くのクレジットカードを併用するのは現実的ではないから、
僕の周囲で利用率が高いカード

  • ウォルマートセゾンカード
  • アトレビュースイカカード

の2枚を選んでみたよ。
「JR東日本沿線利用者」は、何かしらのsuica関連カードは持っている人が多いみたいだね。
ウォルマートセゾンカードは、我が家も持っているから検証しやすいかな、と。
スーパー関連では、アトレの他に、イオンカードも多いね。

-スーパーの買い物も、カード利用で値引きやポイント還元があるなら使わない手はないですね。家計簿アプリのMoneyforwardのおかげで、カード支払いのスーパーの買い物内訳が家計簿に自動反映されて、かなり楽になりました。エンゲル係数、恐るべし!
アトレは関東に来てから知りましたから、他のエリアにはないのでは・・(妻 心の声)-

西友利用者に優しいクレジットカード:
ウォルマートセゾンカード

ウォルマートセゾンカードについては、
ウォルマートセゾンカードは家計の節約に大きく貢献
で述べた通り。
西友での買い物の還元率が3〜5%になる、西友利用者にメリットのあるカードだね。

クレジットカード「ウォルマートセゾンカード」
での節約金額の検証

我が家の食費や日用品の購入額は月額5万円程度。
このうち半分を3%還元の日に利用し、もう半分を5%還元の日(毎月5日・20日など)に利用したと仮定すると、ひと月あたりの節約額は、25,000円×3%+25,000円×5%=1,000円。
なので、年間の節約金額は12,000円だ。

-月5万も買ってましたか?!(妻 心の声)-

JR東日本利用者に優しいクレジットカード:
アトレビュースイカカード

アトレビュースイカカードは、基本的には還元率0.5%のクレジットカードだよ。
しかしながら、

  • JR東日本の券売機等で定期券を購入するとき
  • 改札を通るとき等でオートチャージするとき

なんかには還元率が1.5%になるんだ。
最近はsuicaで支払いが出来るお店が多いから、現金で支払うのではなく、
一旦suicaにチャージしてから支払いを行うことで実質1.5%割引でものが買えちゃうわけだ。

クレジットカード「アトレビュースイカカード」
での節約金額の検証

我が家の定期代は年間12万円程度、
オートチャージ金額は月額12,000円程度、
携帯代金利用料は月額15,000円程度、
インターネット代は月額6,000円程度、
水道・ガス・電気代は月額2万円程度だから、
ビューカードが提供している
ビューカードポイントシュミレータ」を利用すると、
年間の節約金額は6,000円程度だ。

-定期をこれで買うと還元率もなかなかのものですね。学生時代にこれがあればなぁ。
オートチャージも便利ですよね、営業職時代にこれがあればなぁ(妻 心の声)-

生活エリアによってカードの組み合わせは様々

ここまで、「西友」をよく利用する「JR東日本沿線」に住む家庭で検証したけど
これが、「東急ストア」をよく利用する「東急沿線」に住む家庭であれば、

  • 東急カード

を利用したり、
「ダイエー」をよく利用する「阪急・阪神沿線」に住む家庭であれば、

  • イオンカード
  • ペルソナカード

を利用したり、
「イオン」をよく利用する「JR西日本沿線」に住む家庭であれば、

  • イオンカード
  • REXカード

を利用することで、同程度の節約効果を体感することが出来るはずだよ。
それぞれの組み合わせで節約効果が劇的に変わることはないはずさ。
どのクレジットカード会社も還元率なんかの足並みは揃えるからね。
大体2万円位は、どの家庭でも節約可能だと思われるよ。
たかが2万円、されど2万円。
どの家庭もクレジットカードを持って悪いことはないと思うんだよね。
大事なのは自分の生活スタイルに合ったクレジットカードを選ぶことかな。

まとめ:大体どの家庭でも最低約2万円はクレジットカードのポイントで節約可能

仮に、「JR東日本沿線」に住み、「西友」を利用する家庭では
食料品や日用品を購入する際に
「ウォルマートセゾンカード」で年間12,000円程度を節約でき
それ以外の支出(光熱費・交通費)の際に
「アトレビュースイカカード」で年間6,000円程度を節約できるので、
2枚のクレジットカードで年間約2万円を節約できる計算になるということでした。

==================================================
【以上、バフェット大好き ゆるまさ談】
お得で便利な半面、落としたら大変ですし、スキミングなんてのも怖いですし
個人的にはクレジットカードにまだまだ二の足を踏んでしまうのです。

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です