【株主優待】コロワイドとアトムの株主優待で食費を夫婦で月々1万円節約出来る!【オススメ】

コロワイドの株主優待なり

コロワイドの株主優待なり

バフェット氏が大好きな夫(ゆるまさ君)、
外食をする際、気になるお店があるとすぐに
そのお店の株価・株主優待の情報を探します。
以前に「ソフトバンクの株主優待で通信料を節約!」という記事で
ソフトバンクの株主優待で通信料が月々3,000円節約出来るという話をしましたが
今度は食費を節約できる株主優待の一つについて語ってくれました。
食品系の優待がつく銘柄はかなりたくさんありますよね。
【以下、バフェット大好き ゆるまさ談】
================================================

コロワイドの株主優待について

まずはコロワイドの株主優待の紹介からだ。
この株主優待券、株主優待おじさんで有名な桐谷広人さんも一番のおすすめと豪語したことがあるほどの優れものなんだ。
今はちと株価が高くなりすぎてるので少し購入を待つ必要があるかもしれないけどね。

ーどんだけ市場が下がっても、あまり大きく値下がりしない銘柄ですね(妻 心の声)ー

コロワイドの株主優待でもらえるもの

コロワイドの株主優待でもらえるのは、
コロワイドが展開する飲食店と株主専用グルメサイトで使える株主優待ポイントだ。
これだけだと、どこの株主優待でも見られる何の変哲も無いものだけど、
問題はその金額だ。
なんと四半期ごとに1万円分のポイントが貰える。
より具体的には以下のとおりだ。
9月30日時点での確定株主対象・・・12月と翌年3月に各1万円ずつ
3月31日時点での確定株主対象・・・   6月と9月に各1万円ずつ

ー1年間、持っていれば4万円ももらえちゃうわけですね。
なんとも太っ腹です(妻 心の声)ー

コロワイドの株主優待が使えるお店

コロワイドグループのお店で株主優待が使えるお店は山ほどあるんだけど、
僕のおすすめは以下のとおりだ。
・北海道
・甘太郎
・NIJYU-MARU
・一瑳
・贔屓屋
・蓮家
・ラパウザ
ー学生時代には、ラパウザあたりにお世話になったものです(妻 心の声)ー

ただし、
牛角やしゃぶしゃぶ温野菜なんかもコロワイドグループの一員なんだけど、
株主優待を使うことが出来ない。
これは非常に残念な要素だ。

ー牛角がコロワイドグループに加盟するとニュースになった時は、
優待が使えると期待したのですが、そこまでうまくはいきませんでしたか(妻 心の声)ー

アトムの株主優待について

次にアトムの株主優待の紹介をするね。
アトムの優待ポイントは、アトムの店舗の他に、
コロワイドの店舗でも使えるのが特徴だ。
だから、
コロワイドとアトムのポイントを併用することで、
上で挙げた
北海道、甘太郎、NIJYU-MARU、一瑳、贔屓屋、蓮家、ラパウザ
といったお店での食事が無料になる。
ちなみにこのアトムの株主優待だけど、
100株で2,000円分の優待ポイントが貰えるんだけど、
1,000株でも20,000円分の優待ポイントを貰えるから、
どうせ購入するなら1,000株買ってしまうことをおすすめする。
通常株主優待は、100株で2,000円分の優待であっても、
500株になると3,000円分の優待になったり、
1,000株になると5,000円分の優待になったりと
還元率がどんどん低くなっていくのが特徴なんだけど、アトムは違う。

ーこれはイイです。大抵の銘柄は株数が倍に増えても優待は倍に増えないので、
一人で200株より、夫婦で各自100株を持つ方が得だったりしますもんね(妻 心の声)ー

まとめ:
コロワイドとアトムの株主優待券を併用するとどうなるか

コロワイドの株主優待は年間4万円分のポイントが貰えるんだったね。
そしてアトムの株主優待では年間2万円分のポイントが貰える。
そしてコロワイドとアトムの株主優待は併用が可能だから、
これらを併用することで、年間6万円分のポイントが使える。
夫婦2人でコロワイドとアトムの株を持てば、
年間12万円分、月に換算すると1万円分のポイントが貰えることになる。
しかも使えるお店は
北海道、甘太郎、NIJYU-MARU、一瑳、贔屓屋、蓮家、ラパウザ
といったファミリー向けの居酒屋&ダイニングばかり。
食費が軽減されること間違いなしだ。
ちなみに、2016年4月時点の株価で考えると、
この年間12万円分の株主優待ポイントをもらうのに必要な資金は、
アトム約70万円、コロワイド約90万円の合計約130万円が必要だ。
配当利回りを算出すると、約9%となるから、
現時点での割高な株価水準であっても、
銀行預金にしているよりはずっとマシな利回りであるといえるね。

==================================================
【以上、バフェット大好き ゆるまさ談】

居酒屋系列が多いですが、
下戸な両親と未成年の子供二人の知り合いのご家族は、
「贔屓屋」や「甘太郎」でソフトドリンクとお料理で
ファミレス代わりに利用されているそうです。
平日のお昼間に子連れのママ会を受け付けてるくらいですしね。

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です