【書評】株で200億を稼ぐ!『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』

今回の一冊

ゆるまさです。
今回の書評は、僕の大好きな投資分野からの一冊です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』を手にしたきっかけ

まずはこの本の著者であるcis氏について簡単に触れると、
cis氏は、株の短期投資で200億円稼いだ日本有数の投資家だ。
彼の投資手法については僕も研究していて、それは以下のリンクの通り。
【bnfとcisから学んだ】短期売買のコツ【株で100億稼げるかもしれない】
というわけで、そのcis氏の著書である本書を通勤の供として購入したわけだ。

『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』の内容について

さてこの投資本の内容について言及するね。
本の内容としては、ひたすら、
・損切りの大切さ
・期待値をプラスにすることの大切さ
をcis氏の体験談を踏まえながら書かれている印象だ。
正直、投資手法としては、僕が以前書いた解説記事である
【bnfとcisから学んだ】短期投資のコツ【株で100億稼げるかもしれない】
で書いた内容の方が詳しく書いているんじゃないかという気がする。
(手前味噌…笑)

大切なのは、投資の技術というのは「体得」しないと意味がないということだ。
サッカーに精通しているからといって、誰もがW杯に出場できるプレーヤーになれるわけではないし、
フィギュアスケートの本や動画を見たからといって、誰もが4回転ジャンプを跳べるわけではない。
トレーディングも、やり方を知ったところで誰もが億単位で稼げるようになるわけでない。

話は変わるけど、cis氏はオンラインゲームもかなりの腕前で、
ウルティマオンラインというネットゲームのトッププレイヤーだったらしい。

閑話休題。
つまり、短期売買が日本トップクラスにうまければ数百億円を稼げる
ようにはなるけど、誰もがその領域に到達出来るわけではないということだ。

実際、cis氏に直接相場を教わった数人も、誰もがトップトレーダーになれたというわけではないみたいだし。
このあたりのことは、本書の中で触れているので気になる人は読んでみてね。

『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』を読んで

自分とすごくものの考え方が似てるなと思ったな。
特に共感したのは、
・何事をするにも期待値を考えること
という点。
逆にハッとしたのは、
・リスクを取らなければリターンは得られない
という視点と覚悟。
もちろん、投資の基本中の基本「ローリスク・ローリターン」「ハイリスク・ハイリターン」は重々承知している。
その上で、僕は物事を進めるときは、安全策を重視ししてきた。
だが、何事もゼロリスクとはいかないわけで、
これからは、こういう「リスクに備えて」という考え方だけでなく、
こういう「リスクを取った」と意識的に捉えようと思う。いわば、覚悟だね。

さいごに、
投資家なら、株で200億稼いだ男の考えは知っておいた方がいいと思うな。
なかなか200億稼ぐ人の考え方って触れることが出来ないからね。
ただ、投資手法はごくごく平凡。
むしろ投資手法についてなら、このブログを隅から隅まで読んだ方が
いろんな投資手法に触れることが出来るんじゃないかな。
なんせ色々と試してますから。

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です