【書評】『30億円稼いだ伝説の元証券ディーラーが説く!日経平均値動きのルール』

ゆるまさです。
最近、思うところあって、
数年で数億円から数十億円の資産をトレーディングで稼いでしまおう、
と意気込んでいます。
自由になるには先立つ物がいる!
そんなこんなで株式トレードに関する本を読み漁っています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『30億円稼いだ伝説の元証券ディーラーが説く!日経平均値動きのルール』を手にしたきっかけ

冒頭でも述べた通り、
数年で数億円から数十億円の資産を株式トレーディングで稼ごうと
思っているからだ。
実際に株式投資で数億円、数十億円稼いだ人のものの考え方・見方
に接して、自分のマインドをそういう人達のそれに近づけるように
しようと考え、本書を手に取った。

『30億円稼いだ伝説の元証券ディーラーが説く!日経平均値動きのルール』の内容について

1990年頃から現在までに至る株式市場の動きが、
著者の経験と共に詳述されている。
マーケットから数十億円稼ぎ出したディーラーがどのような
ものの考え方・見方をしているのか、大変参考になった。
備忘録も兼ねて、気になった記述、学んだことを以下に書いておく。

・この先相場がどうなるのか、予想はしない。
相場が予想通りに動くことはほとんどないため、予測することに意味はない。
それよりも、
「こうきたらこう動く」と値動きに応じて手を変えることしか頭にない。
「下がると思えば売り、上がると思えば買う」ただそれだけ。
具体的には、
「今、買い注文が入った」
「買い注文に対して、売り方の反発があるかどうか」
「買い注文についていく形で、買い注文が続くかどうか」
など、画面の向こうで売買している他者がどう考えるかを意識する。

・とにかく相場についていく。
流れの中で自分が思っている方向に相場が動いている時は、買い増す。
自信がない時は少ない株数で買い増す。
流れが変わったと思ったら半分減らす。減らしすぎたと思ったらまた増やす。
自分が思ったのと逆に動いたら損切りをする。よくわからなくなったら、
少し長めのチャートを見て、トレンドと逆らったポジションを取っていないか
確認する。

・相場の中心となる銘柄が儲かる。
相場は中心的な動きをするものを最前線で売買する人が一番儲かる。

・先物主導のときには、先物に明らかな買い手や売り手が存在する。
その存在を認識するには終値だけをみているだけではだめで、値動きに
神経を集中させ、買い注文、売り注文の入り方を意識し、マーケットの
機微を感じ取るしかない。

『30億円稼いだ伝説の元証券ディーラーが説く!日経平均値動きのルール』を読んで

アマゾンには自慢話ばかりで役に立たないという意見もあったが、
凄腕のディーラーのマインドを理解するという意味で、
僕は本書は大変役に立ったと考えている。
著者のものの考え方・見方は、bnfやcisとも通じるものがあり、マーケットから数十億・数百億を稼ぎ出している人達のマインドにはある種共通項のようなものがあると感じた。
その共通項、本書を読むことで、分かる人には分かるようになると思う。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
というわけで、サクッと読める感じなのでよろしければ。

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です