アメックスグリーンカードの年会費は妥当か

photo credit: P1130203 via photopin (license)

photo credit: P1130203 via photopin (license)


バフェット氏が大好きな夫(ゆるまさ君)。
お気に入りのクレジットカードの一つに、アメックスグリーンカードがあります。
バフェット氏も「アメリカンエクスプレス」の株を保有されているとか。
私自身は、そもそもクレジットカード持たない派でした。
ゆるまさ君の熱弁により、今はポイント還元率の高いカードだけは持っています。
が、ゆるまさ君はそれにプラスして、クレジットカードにステータスを求めているようです。
聞けば、年会費無料が主流のこのご時世に年会費がかかると言うではないですか。
そんな全否定感満載の私に、
アメックスグリーンカードは高い年会費を払ってでも持つ価値のあるカードなのか。
ゆるまさ君、またもや熱弁をふるってくれました。
【以下、バフェット大好き ゆるまさ談】
==================================================

アメックスグリーンカードは年会費が高い

まず、押さえておくべきこととして、アメックスカードはそもそも非常に年会費が高いんだよ。
数あるアメックスカードの中で、最もランクの低いカード(アメックスグリーンカード)でも12,000円(税抜)するからね。
その上のアメックスゴールドカードの年会費は29,000円(税抜)、更に上のアメックスプラチナカードはなんと年会費130,000円(税抜)、そのまた更に上のアメックスセンチュリオンカードの年会費は365,000円(税抜)。びっくりだよね。
アメックスゴールドカード以上については、聞く耳持ってくれないと思うから、アメックスグリーンカードに焦点を絞って検証していくね。

-10万超えの年会費は論外ですね。下手すれば使用額を上回る年会費です(妻 心の声)-

アメックスグリーンカードの持つステータス

(ゆるまさ君、わざわざ説明のためにアメックスセンチュリオンカードの画像を用意してきました。いわゆるブラックカードってのですかね。)

何よりもまずカードデザインがカッコイイでしょ。
そして、クレジットカード自身の持つステータスが非常に高いんだよ。
周りの友人達に聞いても、”アメックスカードには高級感がある”というイメージを持っている人は多いよ。

-ステータスねぇ。ベンツやBMWみたいなものでしょうか。
 少なくとも、持っているだけでリッチな気分を味わえる、みたいな。(妻 心の声)-

アメックスグリーンカードでの買い物は安心感でいっぱい

不正利用による損害を補償

ステータスばかりすごくても実用性がなくては意味がないよね。

-その通り!使えてナンボです(妻 心の声)-

アメックスグリーンカードにはいくつもの特典があるんだけれど、
その中でも、これはいいなぁ、と思ってくれそうなのは、
「セキュリティーが非常にしっかりとしている」こと。
アメックスグリーンカードは、”不正利用による損害を補償”してくれるんだ。
最近は、クレジットカード番号をネット上で入力する機会も増えてるよね。

-当然のように、クレジット決済を推してきますよね。代引きは手数料かかるし。
 そんな私は、コンビニ支払い(妻 心の声)-

自分のクレジットカードの暗証番号やパスワードを知らぬ間に誰かに盗まれ、悪用される、
といった事件も増えている。
しかしながら、アメックスグリーンカードは、このような不正利用による損害を補償してくれるのだ。
これは他のクレジットカード会社にはない、大きなメリットだと思うんだよね。

年間500万円まで補償される
「ショッピング・プロテクション」サービス

さらに、アメックスグリーンカードには
「ショッピング・プロテクション」というサービスもあるのだ。
アメックスで支払いをした商品が壊れてしまったり、盗まれた場合、
90日以内であれば、年間500万円まで補償してくれるんだって。

アメックスが店舗に変わり返品を肩代わりする
「リターン・プロテクション」サービス

さらにさらに、アメックスグリーンカードには
「リターン・プロテクション」というサービスもあるのだ。
アメックスグリーンカードで購入した商品について、店舗が返品を受け付けてくれない場合、
アメックスが代わりに受け付けてくれるというサービス。
これらサービスのあるアメックスグリーンカードは、世界一安心して決済をすることが出来るクレジットカードであると僕は思うんだよね。

-返品を受け付けたら、返金もしてくれるの?(妻 リアル音声)-
⇒勿論さ。ただし、未開封・美品のものに限るけどね!

アメックスグリーンカードで海外旅行をすると
リッチな気分を味わえる

自宅から空港までの「手荷物無料宅配サービス」

(質問したことによって、ゆるまさ君、ノッてきました。あぁ、嬉々としている)

まだまだアメックスグリーンカードには特典があってね、
海外旅行での特典が非常に充実しているんだ。
まず、「手荷物無料宅配サービス」
海外旅行の出発時、自宅から空港まで、カード会員1人につき、スーツケース1個を無料で配送してくれる上に、空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで、専任スタッフが荷物を運んでくれるんだ。まさにVIP待遇。これが帰国時にも付いているんだよ。
国内では、大きな荷物を一切持たないでいいんだよ。

-そうですね、荷物を持つとすぐに体力・気力がなくなる ゆるまさ君。
 いつも私がゆるまさ君の1.5~2倍の荷物を持っていますものね(妻 心の声)-

空港ラウンジは同伴者1名まで無料!

さらに、空港内では、空港ラウンジを同伴者1名まで無料で使用することが出来ちゃうのだ。
荷物は運んでくれるわ、空港ラウンジを使えるわ、まさにVIPな海外旅行が出来るでしょ。

-海外への旅行に限らず、出張の多い方にも利用価値はありそうですね(妻 心の声)-

エアポート送迎サービス

それから、これは無料ではないのだけれど、「エアポート送迎サービス」というのもあるよ。
海外旅行の出発時・帰国時には、提携会社(MKタクシー)を会員専用でチャーターし、
利用可能地域内の指定の場所~空港の送迎を格安の料金(定額)で提供しているんだ。

アメックスカードで利用できるデスクは、
まさに優秀な秘書

また、アメックスグリーンカードは他のクレジットカード会社と違い、自社でデスクを持っていてね。
このデスクが本当に優秀で、まるで有能な秘書さんがついてくれているような気分になれるんだって。
『来週大阪に行くんだけど、新幹線のチケットとホテルを手配してほしい。』
『今、ホノルルの◯◯ホテルにいるんだけど、近くの美味しいステーキ屋さんを調べてほしい。』とかね。

-国内の交通と宿泊手配なら、私がしているではないか!(妻 心の声)-

国内外問わず、様々な相談に乗ってもらうことができるんだよ。

-スマホでちょっと、タブレットでちょっと、と調べられない時や、
 そういうのが苦手な方にはいいかもしれませんね。
 手慣れた人に聞く方が早くて安心(妻 心の声)-

アメックスカードのその他のサービス

(だれてきた私を見越して、ゆるまさ君、箇条書きで説明してくれました)

他にもアメックスグリーンカードには、様々なサービスがあるよ。
・メンバーシップ・トラベル・サービスにて羽田空港または伊丹空港の対象国内線航空券を

購入すると、空港内で利用できるエアポート・ミール・クーポン1,000円相当分が貰える。

・国際航空券の代金をアメックスグリーンカードで支払うと、傷害死亡・後遺障害保険金最高5,000万

円の海外旅行傷害保険が付帯される。

・映画試写会への招待状が届く。

・加盟店レストランでの食事が最大20%オフ。

・100円で1ポイントが貯まる。

・ポイントをマイルに返還することができる。

年会費のもとが取れるのは…

最後に、どのくらいで元が取れるのか試算してみたよ。

-最重要ですね!(妻 心の声)-

「手荷物無料宅配サービス」1往復で1,000円、空港ラウンジ利用1回で1,000円と仮定して、
大体、年に5回程度海外に行く人であれば、他のサービスと合わせて年会費12,000円の元が取れるんじゃないかな。アメックスグリーンカードのステータスの価値を考慮すれば、もう少し回数が少なくていけると思うけど…。

-ステータスより実益です(妻 心の声)-

まとめ

たしかに、アメックスグリーンカードは、
年会費が12,000円(税込)の安くないクレジットカードだけど、
以下のような人は持つ価値があると思うんだよね。

  • アメックスグリーンカードのブランドやカードデザインのカッコよさに惹かれる方(ミーハー気分が満たされます)
  • 旅行好きだけれどもパソコン等を上手く使えないために苦労しているご年配の方(優秀なデスクがサポートしてくれます)
  • 海外に行く機会が年間5回程度以上ある方(金銭的に元が取れるラインだと思います)
  • オンラインでの買い物が多い方(プロテクション機能が充実してます)

================================================
【以上、バフェット大好き ゆるまさ談】

妻の結論
「残念ながら、我が家は1個目しか、あてはまらないね。
海外旅行に年5回どころか年1回も行けてないではないですか!」02
私よりはるかに少ない手荷物でも、すぐにバテる ゆるまさ君。

スポンサーリンク

シェアしていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です